2017年11月

2017年11月05日

悪徳訪問販売業界の真実(その15)

 

訪問販売業界の

異端な人間たち(その1)

 

訪問販売業界で働いている


人間は一般会社の


サリーマンと大きく異なります


なので、一般のサラリーマン


  からの転職は


  なかなか難しい


  ところがあります


  いままで相当な多くの


  元サラリーマンが


  入社してきましたが


  そのほとんどは


  すぐに辞めていきました

 

ただし、


前職が訪問販売系の経験者は


よく続いていました

 

問題の多い訪販会社からの


転職者ほど


長続きしていました

 

僕の周囲にもいろいろな


業種の訪問販売の


経験者が沢山いました

 

その様な環境の中で、


事あるたびに他の


訪問販売会社の


営業スタイルの話を


聞くことが出来ました

 

訪販業界は特殊な業界であり


実績あるのみです


売り上げがないことには


給料はもらえません

 

会社での存在感も


なくなります

 

そして成績が悪いと、


毎日怒鳴られます

 

これが1週間も続くと


ほとんどそれに耐えられなく


なり辞めていきます


なので、みんな自分のことで


一生懸命です

 

他人のことなど眼中に


ありません


僕は最初このような社風に、


なかなかなじめず、

 

一緒についていけませんでしたが、

 

お金のためにと考え、割りきって、


成績を伸ばしてきました

 

極端に言うと、一般の会社では


通用しない人間の集まりです

 

集団生活になじめず


自分一人主義の


考え方の人間に向いています

 

いうなれば自己中心の


個人主義の人間達です

 

一般社会では


一番嫌われる人間です

 

営業マンは基本的には


会社員としての


協調意識を持ちながら

 

行動は個人社長という


考え方です

 

常に自分の成績だけを


考えています

 

自分の成績のことに関しては


何でもありの世界です

 

仲間内の営業マン曰く


この業界はある血液型の


人間が合っていると


言っていました

 

確かに調べてみると


僕の周りの営業マンは


9割がその血液型でした


血液型で全てが当てはまる


わけではありませんが


実際驚きました

 

ちなみに僕は一般的な


一番多い血液型ですが


常に順応するように

 

努力していました


次回は


「訪問販売業界の

 異端な人間たち」(その2)

 を紹介します


fujimotosun at 03:43|Permalink訪問販売 | 悪徳商法対策