2018年01月

2018年01月05日

悪徳訪問販売業界の真実(その17)

高松営業所での出来事

 

1、高松営業所へ赴任

 

毎日が変化に富んだ日々で,


瞬く間に一年が


過ぎ去ろうとしていました


そんなある日、


所長に呼ばれました


内容は2週間前に


トリップに行った四国の


高松市に営業所を


オープンするので、所長として


単身赴任してくれと


いうことでした


僕は旅行好きだし、


地方のうまいものも


食べられるので快く


引き受けました


既に先発隊は出発しており


事務所開設を進めていました


こちらからは応援部隊含めて


4人で赴きました


営業所の場所は空港に近い


市内の郊外にありました


ここは私鉄の駅も近く


郊外にしては


便利な立地にありました


オープン初日は社長も


出席して事務所開きを


行いました


午後からすぐに


営業活動に入りました


現地には5人の新人が


採用されており、


早速現場指導になりました


こちらからの応援部隊4名が


指導者になり


それぞれに一人ずつ


ついての研修です


僕も一人を同行して


近くを営業する


ことになりました

この日は歩いて


15分ぐらいのところで、


早速2件の契約ができました


帰社すると、社長はもう


いませんでした

終礼が終わり新人の


机上研修をしていると


いきなり電話が鳴り響きました


内容は当日契約したお客2件の


キャンセルの電話でした

2件とも家が隣接しており、


第3者の


知恵入れがあったようでした


これはよくあるキャンセルの


パターンです

 

営業初日の苦いスタートでした

 

その日は初日ということも


あったので仕事が終わってから


近くの居酒屋で打ち上げを


行いました

 

ところがこのパターンは


応援部隊が本社に帰る


一ヶ月間続きました


みんな単身であり、


宿舎に帰っても


やることがないので

 

おのずとそうなりました

 

翌日仕事を終え、


営業所に戻ると


また社長が来ていました

 

社長は営業所周りをしながら、


観光旅行をするのを


いつも楽しみにしています


終礼が終わると社長を含め


全員でまた


市内の中心地迄出かけ


深夜までまた飲み会です

 

幹部の人たちも、時々


観光を含めて地方の


営業所廻りを


よくやっていました


慣れない土地での営業にも


ようやく慣れて来ました


地方なので結構、


黒電話機が多く残っており、


その結果として、


業績も伸びてきました


週末に各営業所の成績が


FAXで送ってきますが


ここの営業所はいつも上位でした


次回は「2、団地営業」を

紹介します




fujimotosun at 01:47|Permalink訪問販売 | 稼ぐ訪問販売