悪徳訪問販売業界の真実(その2)

2017年01月03日

悪徳訪問販売業界の真実(その1)

はじめに

 


みなさん初めまして!


発行人のフジゲンと申します。

 

僕は訪問販売業界に17年間、


携わりいろいろな業種の訪問販売


手法を見てきました。


その中でこのブログは電話機の


訪問販売業界の実態を中心にまた


営業活動中に見てきたお客様の


訪問販売に対する意識分析から


悪質訪問販売業者の


防犯対策も併せて


紹介していきます。


はじめに訪問販売会社が扱う


商品はそのほとんどは


皆さんが日常的に目にしている


商品がほとんどです。


特別に変わった商品は


扱っていません


 こんなものが訪問販売で


売れるのかと思うような


商品がほとんどなのです。


訪問販売で売れない


商品はありません。

 

すべての商品が対象になります。


このブログではその中で


電話機の訪問販売を題材に


取り上げて紹介しています。


その他の商品を扱っている業界でも


ほとんど同じような営業形態で


営業しています。


僕は悪徳訪販で有名な電話機の


訪問販売会社及びその後自分たちで


立ち上げた会社で通算17年間、


平均して年間3500万円を


売り上げてきました。

 

年収は軽く1000万円を


超えていました。


それまでは大手通信機会社の


普通のサラリーマンでした。

 

きっかけは当時の仕事で自分の


納得のいく向上意欲がなくなくなり、


このままでは自分を生かす道が


だんだんと狭くなると感じ始め


毎日の業務に嫌気をさしていた


時のことでした。


ある日曜日、なにげなく新聞の


求人広告を見ていたら


 電話機の訪問販売で月に


40万~100万という


求人広告を見つけ、


興味を感じたことでした。

 

そして冷やかしのつもりで


面接を受けに行ったことが、


その後の僕の人生を大きく


変えることになりました。


それではこの続きは次回以降で


詳しく紹介していきます。





fujimotosun at 04:50│訪問販売 | 稼ぐ訪問販売
悪徳訪問販売業界の真実(その2)