悪徳訪問販売業界の真実(その15)悪徳訪問販売業界の真実(その17)

2017年12月13日

悪徳訪問販売業界の真実(その16)


訪問販売業界の

異端な人間たち(その2)



異業種からの参入の方も


やる気と気持ちの強さ


さえ持っていればやっていけます

 

会社組織ですので


営業部員は協調性を前面に


よそおっていますが


実態は全く違います

 

またこの業界は遊び人の


多いのも特筆されます

 

昼休みの休憩など、


たまにみんなと一緒に


なった時など


いろいろな話題がでます

 

その中で出てくるのが


必ず営業部員の女性問題です

 

一例をあげると、


ある次長は何人かの女性と


結婚約束をして、二人で一緒に


入籍届を市役所で


日曜日でも受理している


ことを悪用して


(守衛が受理してくれます)

 

提出に行き、翌、月曜日の


営業時間中に一人で


取り下げに行っていました

 

相手の女性は知らないので


その後の別れ話の時に


驚くことになります

 

また、ある上司は東北地方の


大都市の看護師と


結婚約束をして


子供をもうけました

 

ある日その上司の持っていた


本に挟んであった


写真を見る機会がありました

 

その写真の裏を見たら


「この子のために


頑張ってください」などと、

 

けなげにボールペンで


書いてありました

 

そこには子供を抱いた女性の


写真が写っていました

 

その上司は本社勤務でしたが、


もちろん


本人は結婚する気はないので

 

その後のことは


どうなったかわかりません

 

また、関東のT営業所の


若い社員は契約した


お客様の奥さんと仲良くなり、


さらに娘さんとも


友達になってしまいました

 

それが奥さんの


気に召さないこととなり、


出入り禁止になりました


契約そのものも遡って


キャンセルになりました

 

また、ある月末の


営業場所での出来事です

 

ある若手営業マンが


係長になるための契約本数が


1本足らずに次長に


お願いをしていました

 

「1本契約を回してください」


とのお願いでした

 

次長は固定給ですが、


たまに現場に出て営業をします


そうすると契約本数も


それなりにあがっています

 

その日は次長も1本、


契約していました

 

そしてそこで出てきた


次長の条件が


「俺の足の裏をなめろ」


ということでした

 

その若手営業マンはすぐに


それを実行し、


その日次長が契約した1本を


譲ってもらいました

 

結果、その月に


係長になるための契約本数を


クリアし見事係長に


昇格しました

 

昇格条件は営業マンの人間性、


社会性、人柄に関係なくすべてが


営業成績だけだからです

 

また、S営業所の僕と同期の


社員はある日、


全社の個人成績表を見ていたら


同期の社員の


名前がリストにありません

 

その社員は以前、新聞社勤めで


真面目な人間でした

 

入社時からいい成績でいつも


成績上位に


名前が挙がっていました

 

理由を聞いてみたところ、


営業中の公園で


女児に悪戯をして


逮捕されたとのことでした

 

これらはほんの一例ですが、


僕の訪問販売会社では


このようなことが日常的に


起きていました


次回は


「高松営業所での出来事」を


紹介します。


 



fujimotosun at 04:00│訪問販売 | 悪徳商法対策
悪徳訪問販売業界の真実(その15)悪徳訪問販売業界の真実(その17)