悪徳訪問販売業界の真実(その17)悪徳訪問販売業界の真実(その19)

2018年02月14日

悪徳訪問販売業界の真実(その18)


2、団地営業

 

あくる日同じ市内の団地を


営業することになりました


比較的営業所に近く、車で


30分ほどで現場に到着しました


全棟2階建てで屋根に


全棟ソーラーシステムが


設置してありました


作りも団地にしては変わっていて


何か特有の雰囲気が


漂っていました


何件か廻り、ふと横を見ると


おばさんが家の横の


下水溝の地べたに座りまな板の上で


鶏をさばいていました


周りは鶏の血が飛び散っていました


さばいた鶏の内蔵などはそのまま


下水溝に流していました


隣の家を見るとそこでも同じく


魚をさばいていました

まな板を下水溝の上に横たえ、


さばいた魚の「内蔵」を全部


溝に流していました

 

異様な光景を見ながら歩いていると


お客さんになりそうな

 

家を見つけたのでチャイムを押すと


60歳台のおばさんが出てきました

 

そしてアプローチすると、


簡単に契約できました

 

あまり簡単に契約できるお客は


簡単にキャンセルしてくる


特徴があるのでそのお客の


クロージングには


特に気を使いました

 

クロージングはいつもより


時間をかけて契約内容から


支払方法まで詳しく説明し


工事完了となりました


 ところがあくる日


思っていたことが起きました
 

キャンセルでした


この団地は少し気になって


いたことがあったので地元の社員に


この団地のことを聞きました


そしたら、その団地は「これ」の


住んでいる団地だと言って

 

4本指を出すのです

なんだと聞いたら5本指から


1本足りないということで

 

XXXX」を指すものだと


言っていました


周囲には同調する団体の


街宣車も2台止まっていました

 

地元の人間はめったに


近づかないと言っていました

 

この団地は人権問題でも


いろいろ問題にされ、以前


ここの子女が市内の大手有名な


Sデパートに就職したとき、


その後の昇給で差別があったと


いうことで同調する団体の


街宣車が騒ぎたてして


新聞に掲載されたり


大変だったと言っていました


その後は、Sデパートは


トラブルを避けこの団地の人間は

 

採用していないとのことでした

また車の免許証は無料で市の


配慮で取れるらしく、さらには


全戸屋根にソーラーシステムが


つけてあるのも、こういった


当局の配慮らしいです

 

よほどそちらの方が逆の


差別じゃないかと思った次第でした


次回は


「3、松山市での営業」を紹介します





fujimotosun at 02:02│訪問販売 | 稼ぐ訪問販売
悪徳訪問販売業界の真実(その17)悪徳訪問販売業界の真実(その19)