悪徳訪問販売業界の真実(その19)悪徳訪問販売業界の真実(その21)

2018年04月27日

悪徳訪問販売業界の真実(その20)


4徳島県鳴門市での営業

 

その日は隣県徳島県の


鳴門市での営業でした


高松市から海岸線を左に見ながら


気持ちのいいドライブでした

ここ四国の海岸線はどこも


山がすぐ海岸近くまで


迫っており、平野らしいところは


県庁所在地のある町だけです


なので、営業中はいつも


海が近くにありました


高松営業所を出発して


1時間ほど走ったところの


小さな港がある海岸近くに


車を止め、そこから歩いて


営業することになりました


車を止めた場所からは


すぐ山手に向かって


小さな坂道が続きました


家はまばらでした


僕は一番奥から訪問しようと思い


急な坂道を足早に歩きました

10分ほどでようやく


一番奥らしい家にたどり着きました


家の戸は全部玄関から縁側まで


開けっ放しでした

ふと、縁側の端をのぞくと


おばさんが一人寝ていました


おばさんは僕に気が付き、


僕は挨拶をしました

家の中は家財道具が何もなく


生活の気配が


感じられませんでした


営業の話ができる状況に


見受けられなかったので

世間話になりました


話によるとそのおばさんは


ここに見張りに


来ているのだということでした

ここにはいつも「サル」が出没し


この時期は


「さつまいも」を食べに来るので


この家を根城に


周辺を一日中見張って


いるとのことでした


僕が訪問したとき


サルは見かけませんでしたが


スイカとかトマトなども


被害がとても多いと


話していました。



次回は


5、高松市の朝の風景」を


 紹介します

 

 



fujimotosun at 03:18│訪問販売 | 稼ぐ訪問販売
悪徳訪問販売業界の真実(その19)悪徳訪問販売業界の真実(その21)