悪徳訪問販売業界の真実(その35)悪徳訪問販売業界の真実(その37)

2019年04月05日

悪徳訪問販売業界の真実(その36)



新しい会社立ち上げ



有志15名で新会社立ち上げ


  B社が倒産してからすぐに


  新会社の立ち上げ


準備に入りました。

 

当時賛同した人間は僕たちが


声をかけた成績優秀な


社員を含めた8名でした


その後、賛同者が増え


最終的に15名になりました

 


会社の名前はT社にしました

 

本社は以前の会社旧B社の


近くに構えました


みんな経験者であり、


今まで売り上げ上位の


人間ばかりだったので


会社としてやっていける


自信はありました


人員を募集する必要もなく、


備品や顧客名簿は


B社の社長の配慮で


すべてそのまま譲って


もらいましたのでほとんど


資金はかかりませんでした

 

商品の電話機の仕入れ先は


B社の役員をメンバーに


入れないという条件付きで


今までと同じKメーカーと


取引させてもらいました


  旧B社が倒産してから


1か月以内でT会社の


営業活動に入りました


  営業初日は、従来と同じく


新規顧客開拓の


営業活動で開始しました


  初日は会社から車で


20分の距離にある


調布市の団地でした


  以前からやっている営業形態


なのでいつものと変わらぬ

営業スタイルでスタートできました


記念すべき初日は何の問題もなく


全員が契約できました

一人で3本契約を取った


営業部員もいました


素晴らしい初日の滑り出しでした

それから二日後の江東区の


団地でのことです


5階建の団地の4階部分


でのことです

ドアのチャイムを押すといきなり


大声でわめきながら


真っ赤な顔をした男が部屋の中から


長い棒のようなものを

持ち出してきました


危険を感じたので階段から


下の方へ逃げましたが


大声で怒鳴りながらしつこく


追いかけてきます


下に降りたところに仲間の


営業部員2人がいました


すると今度は、その2人に向けて


棒を振り回してきたので


みんなで一斉に逃げました


時間にして10分ぐらいでしょうか


あちこち逃げ回り


そのうちようやく、


諦めたみたいでしたが


なんとか事なきを得ました


後でこの団地の住民に


その件で詳しく聞いたところ


その男はこの団地でも有名で


変人でキチガイ扱いされている


人間とのことでした


度々隣人とトラブルが


あるそうで警察も

度々出動しているとのことです


訪問販売なのでドアを


開けるまでは

どのようなお客がいるか


わかりません


何年営業をやっていても、


ドアを開けお客と


会うまでは緊張します


またある日、都内板橋区の


大きな道路沿いに建つ


団地を訪問しました

 

  お客様は70代の一人住まいの


  女性の方でした

 

  お客の話によるとこの女性は


  ヘルパーにお世話になっている


とのことでした

 

  ヘルパーはとても美人で50代の


  女性だということでした

 

  一か月ぐらい前からお願いしている


  とのことでした

 

  ただ気になったのは


  決められた場所以外のところまで


掃除するので、そこは掃除


しなくてもいいといつも


言っていたそうです

 

  そんなある日、ヘルパーが


  いつもの掃除が


終わってからいつもお茶飲みながら


雑談して帰るのに、


その日はすぐ帰って行ったので 


なにか気になり、


直ぐ押し入れの布団の下に敷いた


新聞紙の下に


保管しておいたお金の30万円が


無くなっていることに


気が付きました。

 

  直ぐにヘルパーの派遣会社に


  電話しました

 

  すると派遣会社曰くそのヘルパーは


  本日付で


退社したとのことでした

 

  派遣会社の担当者に


  事件の内容を話すとすぐに本人の


自宅の電話番号に


電話しましたがそのヘルパーの


届けてある電話番号は別のもので

 

  派遣会社が電話しても全く


  つながらなかったそうです

 

  警察に連絡を入れたところ、


  過去に練馬区でも同じような


ヘルパーによる盗難事件があり


警察が捜査している


とのことでした

 

  その後、注意してニュースなど


  見ていましたが


この事件に関連するニュースは、


何も報道されて


いませんでした

 

  このヘルパーはまだ


  同じようなことを


続けているのでしょうか?

 

  T社の営業テリトリーは関東全域と


  場合によっては


中部地方から、東北地方まで


広がりました

 

  旧B社の全国顧客を対象にした


  リプレース営業なので


その様に広くなるのです

 

  中部地方と東北地方へのトリップは


  2月、8月の売り上げが


落ちる時期に1週間のトリップ営業を


組んでやっていました

 

  次回は

  「新会社T社のプロフィール

   お伝えします。




fujimotosun at 17:10│訪問販売 | 稼ぐ訪問販売
悪徳訪問販売業界の真実(その35)悪徳訪問販売業界の真実(その37)