悪徳訪問販売業界の真実(その42)悪徳訪問販売業界の真実(その44)

2019年06月05日

悪徳訪問販売業界の真実(その43)


悪徳訪問販売業者に狙われない為に

 

 

悪徳訪問販売業者を近づけない方法(その1)

 

悪徳訪問販売業者は常に判断の甘いお客を狙っています。

 

言い方を変えると人のいいお客様です。

 

このようなお客はこれから説明するように


ある特徴を持っています。

 

特徴というのはその人の人間性、住んでいる家、


家の立地状況等などで共通した傾向をもっています。

 

悪徳訪問販売業者はこのようなお客を


ピンポイントで狙います。

 

では狙われない為にはどうするか?

 

以下に販売者側から見た目で狙いやすい家、


狙われにくい家、狙われやすい客を


例を挙げて詳しく説明します。

 

また併せて狙われない為の対策も紹介しています。

 

 

あなたの判断基準は間違っている(その1)

 

やってはいけない「●●●●お断り」のシール

 

まず初めに悪徳業者を近づけない為の


対策でみんなが勘違いしている

 

部分を紹介しておきます。

 

訪問する家の玄関によく見るあるシールがあります。

 

「訪問販売お断り」または


「セールスお断り」のシールです。


012

 











このシールは素人目で見ると、訪問販売業者が


避けて通るように思われます。

 

確かに訪問販売業者には一定の効果があるように


見えるのは事実です。

 

しかし、それはきっぱりと間違いだと言っておきます。

 

そのラベルがあるということは、過去に訪問販売業者で

 

苦い経験があったとか訪問販売業者の被害に


遭ったことがある、


訪問販売業者が良く訪れた過去がある、

 

または何らかの理由で訪問販売業者を


意図的に避けているか、

 

または家に来てほしくないという意志の現れです。

 

逆に言うと、狙われやすいお客ということです。

 

そしてお客はこのシールを貼ることによって訪問販売業者に

 

狙われない為の保険のように勝手に思っています。

 

確かに一定の訪問販売業者には効果はあります。

 

しかし悪徳訪問販売業者に対しては全く通用しません。

 

逆に家に来て下さいと貼ってあるようなものです。

 

これは直接訪問してみるとわかります。

 

いとも簡単にドアを開けてくれます。

 

そして出てくるお客さんは決まって


気の弱そうなお客様です。

 

特に一人住まいか老夫婦の家が多いのです。

 

悪徳訪問販売業者にはすぐカモにされます。

 

そして一回カモになったお客はその後、


何回もカモにされるのです。

 

この「訪問販売お断り」のシールは


ホームセンターなどで販売しています。

 

本人自身が張る場合と、親族の方、または


町内会などで配布し

 

張る場合が有ります。

 

このようにこのシールを貼ってある家は、


悪徳訪問販業者には


ほとんどが効果はありません。




次回は「あなたの判断基準は間違っている(その2)


を紹介いたします


 



fujimotosun at 01:38│訪問販売 | 防犯対策
悪徳訪問販売業界の真実(その42)悪徳訪問販売業界の真実(その44)