山口県のグルメ

2018年06月04日

悪徳訪問販売業界の真実(その24)


2、山口県のグルメ

 

さて、僕がここの山口営業所に


赴任してから3か月が


過ぎようとしていました


山口県は購買人口が


少ないので営業巡回もほぼ


全県を一巡してしまいました


期待半分、怖さ半分で毎日が


変化に富んだ日々でした


ここではあまり知られていない


山口県のグルメの


紹介をしたいと思います

 

山口でのグルメと言うと


フグ料理が有名ですが


その他にもいろいろあります

 

ここは北側が日本海、南側が


瀬戸内海に囲まれていますので

当然魚料理が中心になります


ある日、日本海側の、国道沿いで


「おこぜ料理専門」の


レストランを見かけました

 

周りにおおきなのぼりが何本も


立ち白地の壁に


黒の瓦葺きでお城のような


造りでした


駐車場は広かったのですが


車はほとんど


止まっていませんでした

珍しいので入ろうかと


思いましたがグロテスクな


魚の顔と値段が高すぎるので


あきらめました


また防府市では九州からも


テレビ取材に訪れるという


地元では有名な


「珍品名物食堂」を訪れました


建物の周りは個性的な造りで


入口から部屋の柱、天井までが


メニューで覆い尽くされています


室内は午後2時なのに満員でした


メニューの一つ一つを見ると


よそでは絶対に


見られないものばかりです


たとえばオットセイの


〇〇〇〇とかしろくまの肝臓、

 

イルカの〇〇〇〇とか


数えたらきりがありません


聞くところによると遠洋漁業の


乗組員が現地の漁師から

 

仕入れてくるそうです

 

全部がこのようなもの


ばかりでなく普通の


メニューも置いてあります

僕たちは一般的な魚料理を


注文しましたが、


地元では有名なので


気になる方は一度訪れて


見るのもいいと思います


店員の話では前日に


福岡県のRKB毎日が


取材に来たばかりと


言っていました

 

過去にも何回かTV局が


取材に来ているそうです


ここ山口県は九州と


関門トンネルでつながって


いますので


九州の経済圏にあります

 

テレビ放送は九州の局が


ほとんどです

 

スポーツにしても年に1


開催される九州一周駅伝には


毎年ここ山口県も参加しています

 

車も九州ナンバーが


多く走っています

 

僕たちと同じ訪問販売の業者も


九州から多く来ています

 

ある日、営業先で会った


派手なユニフォームを着た


若い女性は布団の営業で


九州から来たと話していました

 

午前中に1本契約できたと


言って喜んでいました

 

山口はいろいろと九州と


つながりの深いところです

 

また、下関市から北に30


ぐらいのところにある小さな


温泉町では瓦そば」が有名です

 

温泉旅館に入るとお座敷に


案内され注文すること


約15分位でお盆に載せられた


黒瓦の上でまだ


じりじりと焼ける音のする

 

状態で出てきました。

味は好みがあると思いますが


僕は気にいりました


値段は一人前1000円です

そこからさらに日本海側を


北に行った長門市では昔から


クジラ漁が盛んで今でもここの


スーパーではクジラの肉が


売っています


昔は僕も子供のころよく


食べたものでしたが


今ではまず口にできません


近くには大きなくじらの


慰霊塔が建ててありました

以上山口営業所での


グルメ紹介でした

 

 

 次回は


「3、山口県の観光地」


 紹介します

 



fujimotosun at 05:21|Permalink